投稿日:2020年8月16日

エレベーターでパニックに!閉じ込められた時の対処法をご紹介

こんにちは。
東京都練馬区を拠点に、衛生機器設置やエレベーター メンテナンスを手掛けております、エフ・メンテナンス設計株式会社です。
平成25年の創業以来、都内のみならず関東圏内、北海道などから多くのご依頼を頂き、今日まで成長を続けてくることができました。
さて、突然エレベーターが停止して閉じ込められてしまった時、どのように対応すれば良いか皆さまご存知でしょうか?
いきなりのことでパニックを起こしてしまうと、思いがけない事故や怪我を招いてさらに悪循環を招きかねません。
今回はエレベーターが突然停止した時でも皆さまがパニックにならないよう、閉じ込められた時の対処法をご紹介致します。
ぜひご覧頂き、もしもの際に役立てて下さいね。

スマホやインターホンで外部に連絡を!

エレベーターが突然止まった時、丁度別の階で停車して降りられるのであれば問題ありませんが、もし降りることが出来なくなった場合は急いで外部に連絡を取りましょう。
エレベーター内には必ず管理会社などと連絡ができるインターホンが設置されているので、まずはそれを使用しましょう。
万が一使えなかった場合は、インターホンの近くに管理会社の電話番号がおそらく記載されているはずなので、焦らずご自身のスマホで連絡を取って下さい。
連絡を取る手段が一切無い場合、パニックを起こしそうになるかもしれませんが、まずは落ち着いて外の音に耳を澄ませましょう。
案外近くに人がいて話し声などが聞こえる可能性があるので、声が聞こえたら助けを呼んでもらうよう外の人にお願いして下さい。

防災用品などが備わっているか確認を!

外に出られるまで時間が結構かかりそうな場合は、エレベーター内に防災用品などが備わっていないか探してみましょう。
エレベーターによっては飲料水や非常灯、簡易トイレが備え付けられていることがあります。
もし真っ暗で何も見えず、そもそも探すのが困難だという場合はご自身のスマホのライトを利用して下さい。
灯りがあれば人間は結構安心しますし、冷静になれば一つひとつ問題なく対処していけますので、焦らず落ち着いて行動しましょうね。

迅速な対応で安心をお届けします!

エレベーターに閉じ込められてしまった時の対処法を少しご紹介致しましたが、参考になりそうでしょうか。
このように万が一地震などでエレベーターが停止してしまった際、復旧対応が遅いといつまでも階段で登り下りをしなくてはならず、不便な思いをしてしまうことでしょう。
弊社では天災以外でエレベーターが急停止しないよう、日頃のメンテナンスも徹底的に行うことは勿論、万が一の時も迅速にご対応できるようミーティングなどで情報を共有し、万全な体制で仕事に臨んでいます。
信頼できるメンテナンス会社をお探しでしたら、ぜひ1度お気軽にお問い合わせ頂けますと幸いです。
それでは最後までご覧頂き、ありがとうございました。

エフ・メンテナンス設計株式会社
本社
〒176-0012 
東京都練馬区豊玉北5-26-4 メゾン豊玉101

経理
〒176-0014 
東京都練馬区豊玉南3-18-8 ソレイユ豊玉Ⅰ306

国立事務所
〒186-0003 
東京都国立市富士見台

川崎事務所
〒211-0068 
神奈川県川崎市中原区小杉御殿場町

札幌事務所
〒004-0053 
北海道札幌市厚別区厚別中央三条

多摩事務所
〒192-0906 
東京都八王子市北野町

TEL:03-6914-5446 FAX:03-6914-5447


お問い合わせ  施工実績